空に語る言葉

だれもきいてくれないこのおもい

time

だれかが死んで

それがどうしても

信じられず

どこかからまた

ひょっこり顔を出しそうな

気がしてならないことは

ないかい?

 

そんなとき実は

時間を逆戻りさせることが

できるのかもしれない

 

時間の流れが

アコーディオンみたいに

ヒダヒダになって

もうちょっとのことで

過去へ行ける状態なんだ

 

ただだれも

そのやり方がわからず

みんなそのチャンスを

逃してしまうのさ

 

ひだは元どおり

死んだ人を

どんどん置き去りにしていく

chair

長時間椅子に座っていると

カラダが痛くてたまらない

 

なんとかならないかと

家にある椅子を

とっかえひっかえ試してみるが

なかなかしっくりこない

 

高い椅子を買えば

解決するだろうか

 

いやきっと

オレみたいなからだには

どんなに高性能の椅子でも

太刀打ちできないだろう

f:id:kctoyama:20190615162214j:image

さるやまのボス

民主主義は

支配者を駆逐したはずだった。

 

しかしDNA情報がこわれた細胞が

繰り返し作り出されるように、

次々と為政者ではなく、

支配者を生み出し続ける。

 

結局、人類は

猿山のボスのような存在がないと

収まりが悪いらしい。

 

ボスは被支配者から

甘い汁を吸い上げ続け

ますます増長する。

 

支配されるものたちは

騙されているのをわかっていて

服従する。

否。騙されるのを望んで

ボスに群がっていく。

 

人類はほんとうに進化したのか?

この星を壊し続けていれば、

生きる場所がなくなってしまうことも

わからなくなった。

これは退化ではないのか?

f:id:kctoyama:20190612201407j:image

getting weaker

横になると

すぐに眠くなる

 

こんなことで

なんの仕事ができるのだ

と気合いを入れ直そうとするが

それを実現する

体力も気力も

残っていなさそうだ

 

いや

昨日無理をしすぎたから

休んでいるうちに

だんだん元に戻るだろう

とは思っているが

 

そういうのが

だんだんと時間がかかり

回復の度合いも

だんだんと低下していく

 

これが自然の摂理

というやつか